歯ぐきが腫れる、血が出る(歯周病治療)

歯ぐきが腫れる・血が出る方へ

歯ぐきから血が出る場合は歯周病の恐れがあります。歯周病とは、日本の成人の約8割の方がなっている、もしくはその予備軍といわれている病気です。自覚症状がほとんどなく、ある程度進行した段階で気付いたときには手術や抜歯などが必要になってしまうことがあります。

歯周病になると口臭がきつくなったり、糖尿病などになりやすくなったり、他の病気などの原因にもなったりもします。

歯周病の進行

進行段階 症状

歯肉炎

歯肉炎

歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。

中等度歯周炎

中等度歯周炎

顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。

重度歯周炎

重度歯周炎

顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病には、深い関係があることが近年の研究でわかってきました。糖尿病になると歯周病を招きやすい、もしくは重症化しやすくなり、逆に糖尿病患者が歯周病になると糖尿病の治療が困難になるといわれています。

相互トラブルを引き起こすメカニズム

糖尿病になると、血管がもろくなることで血液の巡りが悪くなり、体の抵抗力が弱まって歯周病菌に感染しやすくなります。また、糖尿病患者が歯周病になると、インスリンのはたらきを妨げる物質が増加します。インスリンは糖尿病患者にとって摂取の欠かせない物質なので、糖尿病の治療が困難になってしまうことがあるのです。糖尿病の治療の際には、歯周病治療もあわせて行うようにしましょう。

歯周病の治療の流れ

1.歯周組織検査、X線診査、歯周病リスク検査

2.歯みがき指導、歯石除去、歯のクリーニング

3.スケーリング・ルートプレーニング、歯周ポケット掻爬術

4.歯周外科処置

5.補綴処置

6.メインテナンス

歯周病の治療

レーザー治療

歯肉炎に対して行います。レーザーを照射して歯周ポケットを浅くし、歯周病を改善します。レーザーには止血効果があるため出血も少なく、治癒期間が短く済みます。

スケーリング・ルートプレーニング

比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯みがきでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびり付いたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去します。

フラップ手術

中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

  • 上部に戻る