歯を失った、入れ歯が合わない(インプラント・入れ歯)

歯を失ってしまった場合の治療

虫歯や歯周病、不慮の事故などで歯を失ってしまった場合、そのままにしておくと見た目が悪くなるだけでなく、きちんと咬めなかったり発音できなかったりします。そうすると、食事や会話が楽しめなくなるばかりか、毎日を快適に過ごせなくなってしまうことも。

歯を失ったら、機能を回復させる補綴治療を受けましょう。当院では、補綴治療として従来からある「入れ歯」「ブリッジ」に加え、近年選ばれている「インプラント」にも対応しています。

  インプラント 入れ歯
(保険適用の場合)
ブリッジ
 

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。失った歯が1本であっても、すべてであっても対応できます。

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせて作った義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。

メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬い物でもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷付けたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目が良くないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

インプラントについて

インプラント治療とは、歯が抜けてしまった後の歯のない所の顎の骨に、生体にやさしい純チタン製の人工の土台(人工歯根)を埋め込み、その上に被せ物をして自分の歯と同じように機能を回復する治療技術です。入れ歯と違い、固定された自分の歯として機能しますので、違和感がありません。

「手術」というと大げさに聞こえますが、1~2本の人工歯根を埋め込む治療は1時間程度で終わり、過去インプラントをされた患者様の多くは「手術は歯を抜く程度の感覚で、思ったほど大変ではなかった」とおっしゃっています。ただ、術後のインプラント部分の清掃など、メインテナンスがとても重要となります。また、顎の骨の状態、体調・病歴などにより施術できない場合もありますのでスタッフにご相談ください。

インプラント治療の流れ

1.診断と治療計画

レントゲン撮影や口腔内の写真撮影の後、十分な診断を行い、治療計画のご説明をいたします。インプラント治療は専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが担当します。

2.インプラント手術

局部麻酔の後、顎の骨にインプラントを埋め込みます。このインプラントが新しい歯の土台となります。インプラントは純チタン製の小さなネジのような形状が特徴で、日本人に非常に適しています。

3.結合期間

インプラントと顎の骨が結合するまで6~24週間待ちます。この間、インプラントの上に仮歯を使用しますので、日常生活に支障はありません。

4.人工歯の装着

インプラントの上に土台(アバットメント)を取り付け、その上に人工の白い歯(上部構造)を被せます。

5.メインテナンス

インプラントを長持ちさせるためにも、歯科医院での定期検診が必要です。

入れ歯について

当院では主に、金属床義歯(金属製入れ歯)を取扱っています。

金属床義歯とは

金属床義歯とは、本体に樹脂ではなく金属を用いた入れ歯です。保険で使用するレジン床義歯(樹脂製入れ歯)に比べ様々な面でメリットが多く、非常に使い心地が良く、長持ちするのが特徴です。入れ歯自体材質の強度に優れているため非常に薄くすることができ、お口にフィットし、会話もしやすくなり、食事も強い力で咬みしめることができます。そのため、日常生活をより快適に送っていただくことができます。

また、金属床義歯に用いる材質は主に生体親和性のある体にやさしくなじみやすい金属のため、アレルギーなどはほとんどありません。今お使いの入れ歯に違和感のある方にお勧めです。

【金属床義歯とレジン床義歯の違い】

 
名称 レジン床義歯 金属床義歯
材質 合成樹脂(レジン) 合成樹脂と金属(チタン・コバルト)
快適性 本体が厚く違和感がある 本体が薄くしゃべりやすい
耐久性 割れてしまうことがある 壊れにくく、非常に長持ちして、強い力で咬みしめられる
熱伝導性 食べ物の熱い・冷たいがわかりにくい 食べ物の熱い・冷たいがわかりやすく、食事がおいしくなる
診療費用 健康保険治療 健康保険適用外(自費治療)
  • 上部に戻る