歯がしみる・痛い(一般歯科・根管治療)

虫歯について

虫歯は、お口の中にあるプラークに棲む虫歯菌が食べかすに含まれる糖分を栄養として酸を出し、その酸によって歯が溶けていく病気です。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

当院の虫歯治療

当院の虫歯治療に関するコンセプトをご紹介します。

1.基本的に保険の範囲内で治療を行います。

2.削った歯はニ度と元には戻らないため、無理矢理削るようなことはいたしません。

3.抜いてしまった歯はニ度と元には戻らないため、ご自身の歯を残すために抜歯を極力しないように心がけます。

4.歯を削る必要があるときは麻酔を行い、極力痛みが出ないよう心がけます。

虫歯は、原因がはっきりしているため予防できる病気です。当院では虫歯治療のほかに、予防にも力を入れています。歯石やタバコのヤニなどを取るお口のクリーニングだけでもお気軽にお申し付けください。

歯のクリーニング、口臭予防(予防歯科)

  • 上部に戻る

根管治療について

虫歯が進行して神経まで達すると、激しい痛みが生じます。その痛みをなくすには、神経を取り除かなければなりません。そこで必要になるのが、根管治療です。

根管治療は、神経まで達する虫歯になった歯の下半分を残し、歯の機能を回復するために神経を取り除いて薬剤を充填し、最後に被せ物(差し歯)を入れる基礎処置です。家を建てるときの基礎工事と同じで、今後を左右する非常に大切な役割を担います。

歯の中の神経は非常に複雑でさらに先端はとても細くなっていますので、それを取り除くにはとても繊細な技術と慎重さが必要です。そのため、神経の処置には数回にわたってご来院いただくこととなりますが、後々その歯に被せ物をした後も長くお使いいただくためにも、しっかりとした治療が不可欠となりますのでご理解ください。

虫歯によって痛みが出た歯の神経を取り除き、その後、空洞となった部分に特殊な薬を詰めた状態です。

  • 上部に戻る