子供の虫歯、歯並びについて

小児歯科について

乳歯は永久歯に比べて柔らかいため、虫歯になりやすい上にいったん虫歯になると悪化しやすいといった特徴があります。乳歯の虫歯を放っておくと、永久歯も虫歯になりやすくなったり、しっかり咬めないために顎の発育が不十分になり正常な永久歯への生え替わりが妨げられたりすることがあります。虫歯にならないためには小さい頃からの口腔内ケアが重要なのです。

しかしながら、お子様自身で完璧なケアをするのは難しいものです。親御さんによる定期的なお口の中のチェックや仕上げみがきにも限界があります。そこで、ご活用いただきたいのが「小児歯科」です。

小児歯科では、乳歯が生えてから永久歯に生え替わるころまでのお口のケアを行っています。積極的に小児歯科を利用して、一緒にお子様のお口の健康を目指しましょう。

小児歯科メニュー

フッ素塗布

歯質を強化するフッ素を歯に直接塗布し、虫歯菌の出す酸に強い歯にして虫歯を予防します。効果は一時的なものであるため、定期的に行うことがお勧めです。なお、フッ素には歯の再石灰化を促すはたらきもあるため、初期の虫歯であれば治るケースもあります。

シーラント

奥歯には深くて複雑な溝があり、食べかすが詰まりやすく歯みがきもしにくいため、虫歯になりやすくなっています。その溝に樹脂を埋め込み、歯面を滑らかにすることで虫歯を予防する処置が「シーラント」です。乳歯や生えたての永久歯に効果的です。

  • 上部に戻る